SFAで情報を共有|どこでも入力できる便利なシステム

ビル

大切な情報を守る

情報の取り扱い

オフィス

企業は個人情報を守る必要があります。一度外部に情報が漏れたしまった場合は、回収することが難しいのです。情報漏洩が発生した場合は、社会的な信用を失うだけではなく、会社が倒産してしまうケースもあります。個人情報を取り扱っている企業の多くは、プライバシーマークを取得しています。情報は安全に取り扱っているのか、適切な方法で守られているのか、一定の基準をクリアすることで付与されます。一般財団法人日本情報決済社会推進協会によって認定されます。
プライバシーマークを取得することで、他の会社と差別化を図ることができます。個人情報を正しく取り扱っているところなら、企業のイメージアップにも繋がりますし、取引先も安心して契約することができるでしょう。

二年に一度

プライバシーマークを取得する場合は、コンサルティング会社に依頼できます。申し込んですぐに付与されるわけではないですし、時間のかかる作業が多いのです。コンサルティング会社では、取得までのサポートを受けることができ、会社に適したプランを立てることができます。また、プライバシーマークを取得したからといって、永年に付与されるわけではありません。二年に一度の更新が必要となり、その度に審査を受ける必要があるのです。専門業者へ依頼する場合は、アフターフォローのサービスがある場所を選ぶと良いでしょう。更新に合わせてサポートできる業者なら、安心して依頼できます。